千葉県船橋市で社労士を探すなら、千葉県船橋市のオークン社労士事務所です。就業規則・労働保険・社会保険・助成金など、お気軽にお問合せ下さい。

就業規則作成コース

就業規則とは、従業員に対して労働条件を明示し、職場内での遵守すべき規律を規定するものです。 会社の実情に応じ適正な規定をすることで、状況により従業員の働く意欲を呼び起こすことも出来ます。

また、常時10人以上の従業員を雇用されているならば、労働基準監督署への届出が必要となります。お客様がトラブルを回避するためにも、定期的な就業規則の作成・見直しをおすすめします。

就業規則のメリットとデメリットそして、メンテナンスの必要性について、
詳しくは、各項目をクリックして、ご確認下さい。

就業規則
会社側のメリット
従業員のメリット
デメリットとは?
就業規則には、メンテナンスが必要です。
会社側のメリット
  • 会社のルールが定まることにより、効率的な労務管理が可能です。
  • 就業規則を作成し、明確に会社の基本ル−ルや事業主の方針及び行動基準を示すことで、従業員は安心して仕事に取組むことができます。
  • 労使のトラブルを防止するために社員へ就業規則を説明し、無用なトラブルを未然に防ぎます。結果、生産効率を高め、会社の利益の向上につながります。
従業員のメリット
  • 労働条件や職場ルールが明確になり、それを守ることによって、従業員様の無用な不安を取り除くことが出来ます。
  • 就業規則から従業員の権利が守られ、目標設計、生活設計がたてやすくなります。
デメリット
  • 法改正が頻繁に行われるため、常に情報収集が必要となります。
  • 常時10人以上の会社ですと就業規則を作成していないと法律違反になってしまいます。
  • 労務トラブルが発生した時に就業規則が決まっていないと会社側が不利になることがあります。
  • 公的助成金の申請が出来ない可能性があります。

※デメリットの部分では、オークン社労士事務所がしっかりとサポートさせて頂き、解決を致します。

就業規則には、メンテナンスが必要です!

就業規則作成の目的は従業員との約束事を明確にすることによりトラブルを防止して、企業・従業員がお互いにそれを守りあうことで
信頼関係を築かれていくのではないでしょうか。
そのためには、就業規則が「労働基準法で定める手続きと内容を満たしたもの」でなければいけません。
そして、法改正が度々行われているため、
法改正に伴い、就業規則の改定も必要となる場合があります。ぜひもう一度確認して下さい。

▲ページのトップに戻る

就業規則作成の流れ

1、コンプライアンスチェック
まず、現行の就業規則類を精査します。
作成されていらっしゃらない事業所様は、現在の管理状況を確認させていただきます。
御社の労働時間制度、残業制度 賃金制度などをヒアリングします。これらの作業をふまえて、御社の現状を把握します。
人事労務管理に関係する法律は、毎年のように改正されているのが現状です。
現在の法律に対応しているか精査いたします。
御社の現状の問題点と改善案を提示します。
2、適切な労働時間管理制度の検討・選択
御社の実態に合わせて、以下のなかから最適な労働時間管理、残業制度、賃金制度を検討・選択いたします。
  • 変形労働時間制度(1ヶ月変形、1年変形)
  • 事業場外みなし労働時間制度
3、労働時間管理制度の構築、就業規則・労使協定の作成届出
御社の実態に合わせて、適切な労働時間管理、残業制度、賃金制度に適合した就業規則、36協定、労使協定を作成し、
意見書等を添付のうえ所轄労働基準監督署に届出代行いたします。
4、アフターフォロー
就業規則は、作成で満足するのではなく、実際に活用することが大切です。
法改正などにより就業規則の変更が必要な場合、対応した就業規則の改正手続きをフォローしてまいります。
また、ご要望により人事労務管理に必要な法改正情報をメール、ファックス等で発信させていただきます。

▲ページのトップに戻る

お問い合わせはこちらから